なんとかなる、なんとかする。

ぶいろくについて語りたくなったら書く化石の記録。

岡田のこと

祝えないのもファン心理。

祝えるのもファン心理。


そんなことまるっと全部わかって、
決断したんだと思うから
まあそれはそれで、あんな紙とかいらねーわって思うけど
秘密にしてたらしてたで
「ファンをなんだと思ってんだ!」
とか言い出す人も居て大変だろうし
きっと、これが最善なんだろうと。

私にとっては最善じゃないけど。
最善な人もいて、みんなが同じ気持ちになるわけがないんだから
それぞれが、それぞれを受け入れたほうが良いと思うけどね。

自分の感情じゃなく、
同情するつぶやきとかしちゃう人はなんか
結局「ひとごと」だと思って
私はより一層冷たい目で見ちゃう。

アイドルとファンって、そういうもんなんだと思うわ。
バカみたいにお金かける分、悲しくなることも多いよ。
自分が幸せじゃない限り、他人の幸せなんてひとごとでしかないってねぇ。

岡田担は好きなだけ暴れるがいいさ!
それで戻る人もよし、離れる人もよし。
いいじゃん、それで。
あの紙は引っ越すときにはゴミになるから。
死ぬときは置いていくんだし。

ここでファン人生に区切りをつけることが間違っていると誰も言えないし、
それはその人が決めることだからいいと思う。
それでも好きだ、追いかけていきたいって思うなら、それも然り。
その時点で負けだけどねw
私は負けて10年経ったけど、少なくとも10年前ほどイノハラさんのファンで居て
悲しいってことないよ。10年前はもうなんか絶望だったけど(3日ほど)。
でもそれも人それぞれ。
好きになるのも勝手なんだから、嫌いになるのも勝手。

そんな時だけ第三者が相手のことを思う必要はないと思うし、
それは私の価値観では思いやりではなく「大きなお世話」な気がする。

彼らの立場を心配したり、自分たちの存在が邪魔に…とかいう意見も
なぜか必ず出てくるけど、案外彼らはオン・オフの切り替えができるプロなので、
そんなことが重荷になるくらいなら最初からやってないから。
いつも彼らは自分たちで、きちんと人生の選択してる。大人だから。プロだから。
何でもかんでも鵜呑みにしていると、息苦しくなるのはオフを知らないこっち側。
もっと気楽に好きでいたほうが楽なんじゃないかな~と個人的には思うけども。
気持ちとか、立場の距離感。
全部妄想の上で成り立ってる前提を、そういう世界にお金を払って対価を得てることを、
もっと現実として受け止めなきゃならないなって、こういうことがあるたびに思う。
同じ世界で生きているけど、違う世界で生きているってやつ。

怒りたい人はいつでも怒ればいいじゃん。
同じような気持ちを共有できる人種が2パターンもすでに居るしw
嬉しい人は喜べばいい、それだけだよね。

祝×22

十何年?だか前に、
「みんなが描いた未来の中に、僕たちは映っていますか?」
って冒頭からそんなことを聞かれるコンサートがあって、
その時はその時で「映ってるよー!」と心の中で強く思っていたものの、
本当に22年経ってまだ自分の目にV6が映っていることは
まったく想像してなかったことだったなー。

ここ何年かはずっと、私たちファンには頂上に鎮座される
三宅健さんがいらっしゃるので…と思っていますが
これから先どうなるかはわからないし、
ここまで来るともういつどうなっても
自分の中で噛み砕いて冷静でいられるように、
いつも「当たり前じゃない」って思いながら過ごしている。

だけど、その期待を裏切って、そしてたくさんの色んなことを乗り越えて
V6がV6でいてくれること、
何かを提供してくれること、時間を共有できること、同じ時代に生きていられることは
とても幸せだなってこの日が来ると毎年思う。
「そんな毎年」を、22回も迎えさせてくれたことが嬉しい。

とにもかくにも、もう平均年齢40過ぎたオジさんたち。
体にはくれぐれも気をつけて、無理をせず、また楽しい時間をください。
私はいまさら離れたりするつもりもなく
これからも私のペースでずっと大好きでいられるからイノハラさんは諦めてください。
一生イノハラさん銀河系一といい、一生あなたの嫁のことは大嫌いです(爆笑)
よって事務所には存在する限りずーーーっと会費を払うでしょう…。


ふふふ。
おめでとう!V6!!
居てくれてありがとう。集まってくれてありがとう。

2017年ブイコン総括

TTTの感想もすっかり忘れ、2年に一度の祭典Vコンも終わってしまいました…。
今年は年の最初のほうにTTT見れて、春に健ちゃん(タッキー歌舞伎)、
夏から秋でVコンやら番協やらで見れて。
そういう意味ではブイ充した。だからか、余計に寂しいしロスだし物足りないし。
欲は膨らむばかりだ!いかん!


今回は初日・オーラス両方見られるという今までにないことしたので、
何か色々と感慨深かったなぁ。
見れば見るほど、大好きなところはたくさん増えて行ったし。
初日はこっちもポワポワ、6人もフワフワしてたから、
おいおい大丈夫かよ…と心配しかなかったのですが。

アンコール含めて2時間半行かないくらいだから、
昔よりは格段にコンサートの時間は短くなっているものの、
40超えてもあれだけ踊ってくれているんだから、何の文句もないわけで。
そうだな、唯一あるとしたら天気。
細かいこと言えば、アーしてほしいコーして欲しいとかあるけど、
だからと言ってなんだって話なので、もう来る者拒まず状態。あの6人だったら何でもいいわ!

今回のツアーを見ていて思ったのは、

岡田が楽しそうで何より。


これに尽きる。
森田さんなんかは、「お前なんか役入ってたほうが良いんじゃねーか?」と言ったり、
あまりに自由すぎる岡田に5人が完全に振り回されていましたが、
(そんな中でも岡田に付き合ってあげる博…菩薩かよ。仏かよ。)
事あらば解散ネタは大抵岡田かイノハラさんから湧いて出てくる気がしている。
あの末っ子岡田が、限りなく末っ子状態を楽しみ、かつ5人を愛しているのがわかってしまうので
本当にこの人たちは、1番良い空気感と距離感を見つけ出してしまったんだなって
しみじみと感じてしまいました。
22年前、確実にこんな長く続くなんて思っていなかったし、
今まで何度も私の前に現れてくれることは奇跡であって、当たり前なことじゃないんだなぁって思うと、
この人たちを好きで良かったなと、ありきたりな言葉だけど心からそう思う。

以下、通して感想。
ネタバレしてますよ。




OP
 最初の映像のイノハラの流し目超カッコいいよ、ビビる。
 カッコ良くって初めて見た時、衝撃過ぎて笑った()
 2回目以降は慣れたんだけど、あそこだけは絶対逃すまいと毎回見た。
 もうちょっとアゴあげてくれたら色々と危険だった。

Can't Get Enough ~ never
 冒頭2曲、衣装・踊り・イノハラのスタイルが全部ツボる。
 neverにいたっては、PVやら歌番組見た時は「森田さんとのシンメつらい…」とか言ってたのに、
 いざ生で見たら「やーーーだもう超カッコいい!!」としか言えない語彙力。

ANSWER ~ Remember your love ~ ROUND&ROUND
 Remember~の踊りすっごい好きだった。
 最後音が消えても踊りが続いていて、後ろを向く6人の靴の音が地面と擦れて、
 キュッコツンって鳴るの。たまらん。


刹那的Night
 今回、個人的に1番盛り上がりかつ、大好きだった場面。
 あの籠さえなければ完璧だった。あの演出はそりゃそれで良いんだろうけど、
 いや見えなくなったら何の意味も…!と思った私には酷い仕打ちだった。
 それでもあの間奏のダンスだけで大満足なんだぜ。
 苦節22年、初めて心からイノハラのダンスが好きだと思った瞬間。

会って話を  
 二人羽織、一生忘れない。(色んな意味)

SPARK ~ MANIAC
 今のV6。これがV6。最高だったわ、ここ2曲の流れ。
 MANIACの森田剛さん殺人的でした。最後しか見てないけど()

The One
 はなれ~てても あえな~くても
 からの一連の流れ、いつも泣きそうになった。胸がいっぱい。
 仙台2日目だけは、靴を脱がされるイノハラ…というオチだったけど。


ただひとつ言いたい。トリプルはCHANGE~ではない!!
スカリミ欲しかったよーーーーー><
でもわかる、スカリミやるなら踊らなくちゃならないもんね。わかる。
でも踊らなくても良いからスカリミ欲しかったヤーツーなんだ、私。


私のハイキック好きはやっぱりイノハラさんから来たのかな。
MUSIC FOR THE PEOPLEの時に出るハイキック、美し過ぎてたまらないんだけど。
長年見てて何も思わなかったわけがないから、植えつけられていたのか。
ああいうもんだと。
刹那的Nightの時もキックがあるの、めっちゃ好きなんだけど。
むむむ…

そしていよいよ、指示うちわを持つべきか考え始めた。



早く映像化しないかな~。
マルチアングルは冒頭2曲、イノハラさんの前髪が生きていて猛烈にイケなところと、
最後のSPARKでお願いしたい。
あ、その前にWOWOWか。
リアルタイムで見たいな…妹の家行けばいいのか。



追記***
オーラス最後、後ろから「お疲れさまでした」の幕がおりたとき、
それを見たイノハラさんの表情と「あれ見て」って健ちゃんに教えてあげて、
健ちゃんが「わあ!」って表情するまでの一連の流れ、映像でください…(切実)

呼び方

突然だが、私は「自担」という言葉が好きではない。
うーん。好きではない、では語弊があるか。
実際中丸くんのことを「自担」と呼んでいたことがあるので、
そうか。別に嫌いではないか。

では言い方を変えます。


私はイノハラさんに「自担」という言葉を使うことが好きではない。


イノハラさんのことを、こういう場だから「イノハラさん」と呼んでいるけど、
普段の私は「イノハラ」呼びです。なんなら「あの人」呼ばわりです。
この点に関してはここで謝っておきます。
本人を目の前にすると「よーしくーーーん!!」と叫びます。
この点もここで謝っておきます。


なんかこうしっくりこないんだよな~自担って呼び方。
ついでに「よったん」って呼んでる人とも仲良くなれる自信はありません。
よったんてwwwあのおっさんがよったんてwww

ってなるのです。すみません。「よしくん」だって目糞鼻糞なのは重々承知。


何で自担という呼び方がしっくり来ないのか。
勝手に私の中でオッカケしてた人が自担呼びに相応しいと思っているからなのか、
単純にもうずっとイノハラさんのファンなので、
いやもう担当とかそういうのちょっと……ってなってるのか。
くだらないことをかれこれずっと考えているんだけど、
結局あの人は「イノハラさん」であって自担ではないし、
私はイノハラさんのファンです、という結論しか導き出せないんですよね~


私は「自担」を作ろうと思えばいつでも作れるんですよ。
昔の中丸くん枠の人。
かれこれ数年ずっと空席だけど。
のんのさんのココ、空いてますよ。
ってクソ古いギャグ出せるくらいなんですけど。

ただしイノハラさんを超えることは誰もできないっていう
悲しいオプション付き。




あ、もうすぐ新しいCDが出るころか。
ということは、歌番組も出るのか。
悉く番協に外れまくっているので(安定の年齢制限だろ。番協も顔認証にしろ)、
今相当低迷期です。
9係は何となく見ている程度です←




これでも、自担という枠より上のイノハラさん。
私宝。
(※誕生日にブログ更新してないから今さら書いてるわけですね)

滝沢歌舞伎とやらに行ってきた。

内容のネタバレはたぶんありません。



「舞」って漢字の下部分、タッキーって書いてある。



って幕間に同行者である妹(化石三宅担)に言われるまで気付きませんでした。
ほんまや…タッキーって書いてある…


この程度のレベルの人間が、三宅さんが出るという理由だけで
観劇していることを宣言したうえで、以下続きます。


11年目の滝沢歌舞伎~
と良く高らかと宣言されていたけど、もうそんなにやってるんだ…と
まずは1ビックリ。
新参者が行くと浮いている感じは周りのお客さんの反応から
ヒシヒシと伝わります。これはまぁ致し方ない。


久々に頭を抱えながら「おじいちゃんの世界観がわからない」っていう
舞台を見た気がする。
ああダメだ、そうだった考えちゃダメなんだったって気づいた時には
もう一幕終わっていた。
出演者たちは至って真面目にやっているから、笑っちゃいけないのはわかってるんだけど
どうしてもその繋がりやら突然のガチ芝居やらが面白くて、
終始ニヤついておりました…すみません。

そのかわり、二幕は時間を追うごとに面白くなってきたな、と思った。
薄っぺらいものの、何となく伝えたいこともわかるし、
タッキーのやりたいこともわかるし。
ただいろんなことを詰め込みすぎて、全部妙な中途半端感が残るんだけど、
エンターテイメントShowにおいてはそんなこと、そこまで掘り下げなくても良いんだろうな…ということで自分の中で消化することにします。


しかし今のジュニアはビックリするくらいダンスが上手い。
それもみんな上手い(ように見えた)。
私がバックのジュニアにお金を積んでいたころ、
ダンスがものっそい上手いHisH(これより前もいることはわかってますがちょっとあえてこの表記)担当のお姉さま達が、血眼になってお金を振り込んでいた…という情景を
物凄く思い出しました。
そんな頃に私がお金を積んでいた中丸くんはひどく踊らなく(踊れなく)なってしまったので、
なんかもうこれと言ってダンスで魅了されるというジュニアにはお目にかかることも
今後のジャニヲタ人生なかろう…と思っていたところ、
居ました。
そういうのって瞬時に「ああこの子のダンス好き!」ってロックオンするので。

今のジュニアがダンス上手すぎて、10年以上前に
「中丸くんのダンスカッコ良過ぎる…しねる」と虚ろな目をしながらお金を振り込んでいた私を殴りたい。
恥ずかしいわ、あの程度で上手いとか言ったら。
でも中丸くんは上手かったんです。
いまだに2001年~2003年の映像を見ると、
あの事務所内で1番上手いと本気で思ってしまうくらい、私が大好きなダンスをしています。


過去のことは置いといて。
いやマジで岩本照くんのダンスがタイプ過ぎる。
2時間彼が踊りっぱなしなら見に行くから誰か誘って←
喋らなくてもいいから、ただただ踊っていてほしい。




そんな感じの滝沢歌舞伎初鑑賞。
三宅さんは痛々しいながらも、とても頑張っていました。
もともと怪我の多いグループだとはいえ
三宅さんは大きい怪我をしていない人だったから、
ここに来てこんなことになるのかよ!っていう三宅担の気持ちは
とてもとてもお察しします。辛いんだよねー…でも、居ないのはもっと辛いし。

足痛いんですか?本当に?
って思えるくらい三宅さんのダンスが圧巻な一幕。
20年過ぎて初めて「三宅さんこんなにダンス上手かったの」と言えちゃう。
普段6人、または3人で踊ってるときにそんなこと思ったことないのに、
一人になったらこんなに際立って上手いってことは
V6ってすげーな!もしかしてあれが当たり前だと思っている
私たちの目って鍛えられ過ぎててヤバイな!

っていう結論になりました。
…もう誰がズレててもディスったりしないよ…ごめんね…。


歌舞伎って言うけど歌舞伎要素あんまりなかったな~
赤っ面メイクだったからどんな悪役かと思ったんだけど、
想像していたのとはちょっと違ったようだわ…
しかし小顔過ぎて歌舞伎メイクは似合うんだけど迫力に欠けるという悲しさ…。
あとタッキーは動きがもう男で女形やってるのになんか…という悲しさ。
私がいけないんだ。2週間前に七之助さま見たりしてるから。



まったくまとまっておりませんが。
三宅さん、あと1か月無事に乗り切ってください。
色んなこと思って、色んなこと抱えちゃっただろうなーと思うと居た堪れないけれど。

続きを読む