なんとかなる、なんとかする。

ぶいろくについて語りたくなったら書く化石の記録。

全員に訪れる幸せなどない。

20周年だし、ブイのことしか書かない。って言って復活したわりに、全然書いてないこのブログ。
でも実は、初めて20周年ツアーを見たときからWOWOW見るまでに
結構ツアーの感想書いてた下書きは存在してるんだけど、それはまた。
ブルーレイとかDVDとか見てからにする。紅白の感想は3行くらいで終わるんだけどさ。



で、何を思ってブログを開いて記事を公開しようとしてるかというと、
ここ最近のSMAP騒動です。



ここから先は一個人の思いだけで綴られています。




私がジャニヲタとなるきっかけはSMAPです。
あすなろ白書に出てた取手くんが好きで好きで好きで好きで、SMAP沼にあっさりと落ちたわけです。
ジャニヲタ遍歴は?と聞かれた場合、私の回答は
木村→中居
   井ノ原→→→→→→→→→→→→→→→→→→→
        赤西→中丸→(山下) 


という感じになる。たぶん。



何故山下がカッコ括りかというと、あまりにも短すぎるから。
中居くんから井ノ原に降りたの?と言われればYesですが、
井ノ原から赤西に降りたの?という質問をされたら、答えはNoです。
殿堂という都合のいい場所に入れていた時間です。



で、こんな話はどうでもいいのだけれど、そのキッカケとなったSMAPが解散するという報道が出ました。
はいはい、またそういうやつねとSMAPから長らく離れている私でもそんな風に思っていたのに、
今回は様子が違ってた。



分裂するから解散ってなんだよと。
最初の感想はそれでした。何やら敏腕マネが独立するから着いて行くと言った人間4人。残留すると言った1人。
分裂、そして解散へ。そんな内容でした。
ほう・・・なるほど。ありそう。



派閥はない!と某誌で断言されてたけど、実際”昔は見られたのに今はそれがない”ってことが
普通になっていたのは確かだったし、「何言ってんだよ、あるっしょ」と殆どのオタクが思っていたはず。
その終末はSMAPっていう国民的アイドルの解散で終わらせるの?嘘でしょ?!
ってのが第二感想。




SMAPSMAPでいなければならない、と、世間はそう思っていたんだと
CDの購買運動やファンのツイートを見ているとそう思う。
昨日、あんなお通夜のような会見を行って「存続するんだ、よかったね」っていう意見が多いのは、
SMAPSMAPでいなければならないと思っていたから。



私も、SMAPSMAPで居てほしい派の人間です。
彼らがどうこう、という前に、SMAPがいなければ今私はこういう生活じゃなかったかもしれないし、
たくさんの思い出やら色んなことは発生しないかもしれないって思ってる。
自分の何かの「キッカケ」となったSMAPを、こんな形で終わらせて欲しくなかったから、
SMAPはどんな形であれ事務所に戻るべきだと思った。



たくさんの報道が出た中で、どれもこれも全部信じるつもりはなくて、
何が本当なのかを彼らの口から伝えてくれるのを待ってた。
あれじゃあ何も分からないじゃん!!!と素直に思った。
結局、何も解決していなくてただ、彼らはまだ5人でいることを選んだんだなってことしかわからなかった。



アイドルしている間は、たくさんの言葉や歌や思いが発信されるわけで、
グループで居られる時間が長くなれば長くなるほど、その思いはきっと強くなっていく。
長い年数経ったから言えること、っていうのも増える。
あの頃はこうだったよね、ああいう風に思ってたよ、今だから言えるけど。
今度のことも、そのうちそうなるよねって思ってる。だから、5人で残ってほしいって。



あの会見の言葉が本当に彼らの口から出せるものではなかったとしても、
つよぽんの口から「謝る場所」という話題が出た時に、
こうなった原因というのはある程度報道にある通りだったんだと確信したし、
だとしたら「SMAP」という看板を捨てようとした4人には幻滅した。
見ている方向が違うから解散する、というのと
看板を捨てるというのとでは話が違う。個人の力と、集団になった時の力はまた違う。
それでも、看板を捨てて出ていきたいと思ったのであれば、
どちらを選んでも大変だということを理解した上で決めたんでしょう。
なのに、それが全員じゃないならやっぱり戻りたい、というのは何か矛盾してると私も思う。
5人じゃなきゃ意味がないのなら、どうなったって同じ茨の道なら、
今回一瞬でも看板を下ろそうとしたことは絶対間違ってる。私はそう思う。


事務所内のいざこざは、事務所内で片付けて表沙汰にするなという意見はごもっともだと思う。
だけど、それがこんな風に表沙汰になってしまったのは、
その決断をしたのがSMAPだったからだ。それだけSMAPは社会で大きい存在になってしまってる。
国会でわざわざ質問に出るほどですよ。
興味ない人からしたら、「ふざけた質問してんじゃねえよ」って思うよ本当に。

         
誰が悪で、誰のせいでこうなって、だから裏切り者はこいつだっていう意見はナンセンスだと思う。
あのお通夜の会見より、どちらか片方をよいしょしたり落とし込んだり、
どちらか至上主義みたいな記事や意見の方が、私はよっぽど怖い。
だから、いつか話せる時が来るまで・・・っていいつつ、話せる時が来てもきっと「真実」なんて
本人しかわからないものだから、それでいいと思ってる。
私が思ってる疑問が解決すれば良いな。


SMAPを守る、ファンの子は信じてついてきて。」
って言ってたのに、SMAPの看板おろしてでも事務所去って良いって思った理由はなんなの。
本当にそれだけ知りたい。中居くん。私はそれを知りたい。
待遇がどうだとか、活動方針がどうだとかそんなことなのかなぁ。
そんなの納得いかない。SMAPで不遇だって言われたら、他にも不遇だった人はどれだけいると思ってるの。
みんな苦労して努力してる。ファンには見えないところで。
道を拓いてきてくれたSMAPが、こんな形で看板を下ろすのはやっぱり納得いかない。
それはとても彼らにとっては重荷なんだとわかってて言ってる。これについては。


今になって、「あんなことになるなら解散したほうが良いんじゃ」っていう意見だったり、
「あんなかわいそうなことさせるなんて!クソ事務所ふざけんな!私が守ってやる!」みたいな意見も
見たりするけど、どれも彼らのためになるとは思えない。
声を届けたい気持ちはわかるのだけど、やり方は違うんじゃないかなって思う。
ネットで呼びかけるとか、ネットを駆使するっていうのは現代風だなぁ。
ちょっと異様。ネット意見がまず世論、ってなってしまうと情報の取捨選択は個人に委ねられるから、
すごくたくさんのことを考えなきゃいけないし、見てる世界は狭まってあやふやになる。




みんな私のように、好きなことを言うし好きなことを思うし、都合の良いように解釈する。
現実はそんなに甘くないし、SMAPが壁に直面したのは明らかで。
そういう世界に彼らはいて、私はそれを「偶像崇拝」として見てる。
偶像崇拝なんだよ、絶対に入り込めない。
タレントとファンの絆、と簡単に言うけれど、それと偶像崇拝はまた別物だから。
入り込めないし何もすることができないっていう歯痒さは、本当にファンしかわからないことだと思う。
周りが見えていない下手な行動は、より一層自分の偶像崇拝の首を絞めることもある。
私は向こう岸どころか、一度その島で寄り道した程度の人間だから、
遠くからこのゴタゴタが早く収まれば良いなと、それだけを願って見てる。


偶像を取り巻く世界は、まったく綺麗なものじゃない。
絵にしたり写真になった時、周りにはたくさんキラキラしたものがあって
うっかり周りも美しいんじゃないかと思ってしまうけれど、
汚いものの中でキラキラしているから、より一層綺麗に見えるんだと思う。
なんなら、世の中は全然綺麗じゃない。彼らの周りだけ特別だということじゃなく、世界はいつだって汚い。


私はそれを、ジュニアの飲酒喫煙問題の時に悟りました。
あの会見が異様だって言われてるけど、それを言うなら飲酒喫煙問題のあと、
Mステでタッキーが歌う前にやった挨拶だって大概異様だった。
あれは法に触れてる、と言われればそうだけど、じゃあそれをなんでタッキーが謝ったの?って
当時思った感情と、今回の「SMAPは誰に対して謝ってるの?」っていうのは同じじゃないかな。
あれほど異様な光景はなかったし、とてつもなくタッキーにとっては残酷だったと思うし、
私は未だにトラウマだよ。
こちらが思っている以上に、たくさんの人やものに彼らは囲まれて仕事をしてる。



どんなことしたって、最終的に迎えた結果を私は受け入れるしかないけれど。
やっぱりなくなって欲しくない。
SMAPはずっとSMAPでいてほしい。見てる方向が違うから、それぞれが個人で生きていこうって思うまで。
完全に私のワガママだけど。
ただ、ああ今じゃなかったなって思う。本当に。
これがあと5年後なら、もしかしたら少し違ったかもしれないのに。




しかしさ。毎日毎日これがニュースになるって、日本は平和だね。