なんとかなる、なんとかする。

ぶいろくについて語りたくなったら書く化石の記録。

アイドル武者修行手渡しイベント(追加)

21日、ついに武者修行手渡しイベントに行ってきたワケですが。
そもそも今回の手渡し会自体が追加なのに、その追加の追加に当たったんですよ。
集合時間が朝10時15分とかです。はえー!
何気に前日まで、「ヘタしたらドタっちゃう(睡魔が勝つ)んじゃ…」とか
シレっと思ってましたが普通に予定通りに起きました。
…わたし、やっぱりイノハラにはそれなりの愛があるんだと思った。

とは言え、15分遅刻したんですけどね。
もうねーイベントは何て言ったらいいんだろう。オタク冥利に尽きるって感じです。
要するにイベントって言えば、握手だったりトークイベントだったりする訳だけど、
今回のは「会話」です。いわばタイマンイベントっすよ!
自分の番が近付けば近付くほど緊張というよりも何か妙な感覚になったのを今でも思い出す。
(注・まだ3日しか経過してない)
イノハラが一対一で喋ってくれるんだよ。ちゃんと目を見て会話してくれるんだよー
なんだこの恐ろしいイベントはーーーーーーーーーー!!
ネタを仕込んで行ったにも拘らず、あんまりネタになってませんでした。
…でもいいの、笑わせたから。目ジワ目の前で独占したもん!(黙れ)
自分の言ったことで「ダハハハハハ!!」って笑ってくれたイノハラが好き過ぎた。
「あれめんどくさいんだよね!」って言ったイノハラがお兄ちゃんだった。
通して感想は、近所のお兄ちゃんとの会話はきっとこんな感じだ。でした。
なんだろう、幸せ過ぎて最初と最後以外の会話の内容はほぼ覚えているよ!
イノハラの表情とか、目ジワとか全部思い出せる。ドン引きしてなかったからそれでいいの!(ダッ)

そんなワケで、浮いてました。幸せ〜って。
特別な朝は平凡な夜の次に来た。ありがとう、イノハラさん。


で、エクスティースィー。
この曲は、振り付けが凄い好き。ダンスラブ!
特に手の振りがツボです。手パッパって感じが。
あとはイノハラの「どうー!」がすっごいタマランですね。
健ちゃんのラップがウザイと、密かに思っていましたが(合間合間に入るのは要らないと思ってた)
去年の夏に健ちゃんのラップがないと、もっと曲自体がヘンチクリンだという事に気付きました。
トニセンフューチャリング三宅健、は意外に面白かったと思う。
健ちゃんがトニセンをフューチャリングだよ!新し過ぎる発想だ。